自覚症状と指摘される症状

自覚症状


・起床時の頭痛
脳に酸素が十分いきわたらないため、ぼーっとする。めまいも起こる場合がある。

・倦怠感
血中酸素濃度が低くなるため、身体全体に疲れや倦怠感が発生する。

・足、下半身のむくみや疲れやすさ
上と同様。

・日中の耐えがたい眠気(傾眠)
睡眠時に十分な深さの睡眠を得られない、頻繁な覚醒により脳が十分な休みを取れていないため。

・精神的な疲れ
全身の不調や酷い眠気、作業能率などが滞るといった要因が重なれば精神的な負担も強い。またそのことで他人からの注意や冷やかしなどがあれば一般的にストレスは増大する。

・思考力、集中力の低下
忘れっぽい、健常者と比較して、交通事故発生率が2〜7倍。また健常者が軽く1〜2杯飲酒した状態よりも、飲酒してない重度の睡眠時無呼吸症候群の患者の方が、頭脳労働などにおけるミスが多い。

・イライラしやすい
これだけ不調が重なれば色々と納得いかなくなって、イライラしたり切れやすくなる可能性は高まる。

他人に指摘される症状


・睡眠時のいびき、いびきと呼吸停止が交互に起きる
家族や同居者によって指摘されることが多い。

・夜間の寝相の悪さ、多動
呼吸困難、酸欠状態になる。まず脳が目覚めてから、脳が身体を動かし気道を確保しようとする指示を出すため。

・居眠り
運転中、会議中、その他重要な時ですら居眠りが起きる。また他人と会話や食事をしていても、意識が飛ぶこともある。
posted by ドサ健 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | SAS症状/合併症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。